今は日本の不動産の投資市場の好況感もとても良いですが、

海外でもあちらこちらでバブルの形相を呈している国もありますね。

最近は以前からすごい熱を感じるのが、

「マレーシア」

まさに不動産投資の絶頂機(更に絶頂がある??)の様相です。

安藤ハザマ(旧ハザマ)が建設した有名なツインタワー「ペトロナスツインタワー」がある

首都クアラルンプールでは、信じられないくらいに先進的な町並みです。

今はその首都だけでなく、地方でも超高級志向のマンションやコンドミニアムが建築ラッシュ。。。

日本人で特にサッカー好きには馴染みが深い、「ジョホールバルの歓喜」で知られる、

ジョホール州も、広大な平地が日本でも中々見かけない超高級マンションや戸建の

建築計画があったりします。

マレーシアは永久所有権付きで土地購入が出来る、不動産価格や物価も勿論格安、

親日派も多いことなどが不動産の購入を助長しているようです。

ただ不動産バブルがいつはじけるのか、まだまだこれからなのかは、

見定めていかないといけません。

ただ、やはりこういう話は夢がとても広がりますね!

一度マレーシアに行きたいと思っています。