以前、弊社で資産運用のお話を頂いた際、、

 

大きな土地に古くなった集合住宅を御持ちでおられたお客様でした。

この不動産を売却するならいくら、あるいは他の運用方法はないか?

という二つの方向性を考えておられ、売却の査定額と、運用方法として

一般の消費者向けの小さく区分けした貸し倉庫の提案をいたしました。

大通りに面していましたので、立地的に貸し倉庫の需要が狙える土地であり、

お客様は貸し倉庫を進められました。

現状、収益がとても高く回っています。

不動産は様々な運用方法があります。

漠然としたところに意外な答えが眠っているものですよ。