さて、3日に及んだ相続についての投稿でしたが、

本日で相続に関するお話を終えたいと思います。

やはり最後は不動産に関わったお話にしようと思います。

まずは、土地評価は確実に理解しておくことが大事です。

路線価などから算出される相続納税額には補正を乗じることが出来る場合があります。

例えば、不整形地、狭い道や私道に面している、

など、、場合によっては多いに金額が変わることがある土地もあります!

また、これを税務当局は「補正できますよ」なんて丁寧に教えてくれませんので、

高く払ってしまう場合もあります。(更正の請求は一定条件内で行えます。)

また、固定資産評価額の修正などもあります。土地によっては相続税が節税もできます。

最後に先々日の法人化に触りますが、不動産を御持ち、購入の際は、法人買い上げ、もしくは贈与なども

ご検討をお忘れなく。