マンションや戸建などお住まいの査定をする時に良くご質問されるのが、

「売るときにお金ってどんなものがかかりますか?」と伺われることが多いです。

主に「諸経費」と「税金」に大別できます。

今回は諸経費について、実際の時間軸に沿って簡単にお話しいたします。

まずは【査定】

これは弊社の場合は完全無料です。(特別な調査を委託された場合は別途要します。)

【営業活動】

査定をした後に、「では、売るのでお願いします。」と、売却し始める経費、または新聞広告などの経費も完全無料です!(特別に指示された広告費などは別途要します。)

 

つまり、売れるまでの営業活動などの費用は売主様が特別な要望を委託されない限りございません!

【契約、引渡し】

無事買主様が見つかりましたら、ここからが費用を要してきます。

◆印紙税

契約書に貼付する印紙の費用が要します。(売価によって金額が異なります。)

◆仲介手数料

国土交通省告示に則った金額が要します。(大体売価の3%+6万円×消費税)

◆所有権移転手続き費用

司法書士の報酬を含め、権利関係の整理に費用を要します。

◆譲渡所得税

後記いたします。

だいたいこれらの合計は、売値の5%から7%が目安になります。

このほかリフォームをしないと売却商品にならない場合がありますので、

別途ご相談が必要になることもあります。

 

 

トータルで考えて、どんな方法が一番効果的、利潤を増すかを考えてご提案させて頂きます。